« プリンタ制御 | トップページ | なにがなんでもXMLなのか? »

2004.01.16

情報の集約化

インターネットというメディアが草の根での情報発信ができる!
という場だったのはいつまでであろうか? 実体としてはどんなに一生懸命ページを更新しても、閲覧者がこず閑古鳥ってのはよくある話で、殆どの人は情報の洪水から欲しい情報を探すために検索エンジン、それもGoogleを利用していることだろう。

そんな中で、[Googleも人の子?]はそれなりのインパクトを私に与えた。
消費者互助という意味で有名な「悪徳商法マニアックス」の一部記事がGoogleにて検索できないよう処理を行っていることを、Google自身が認めた、というのが大本のリソース。

利便性から行けば集約は進めば進むほど望ましいのだが、その一方で情報統制を容易にできる環境であるということは、よくよく理解して生きていかないといかんなあ、と今日くらいはちと大袈裟にとらえて生きて行くこととしよう(^^;
Googleのもたらすものは情報源の寡占化を推進しているものである、ということについては理解していたし、それ自体はある意味では歓迎されることと考えていたわけなのだが、それが機械的な正確性というものに裏打ちされていないと前提が崩れることであることをあまり真剣に考えていなかった。

ココログのようなWeblogがこうした状態に対するカウンターメジャーになるのかどうか? そこまで大袈裟に考えるのはよしておこう(^^;

|

« プリンタ制御 | トップページ | なにがなんでもXMLなのか? »

コメント

社長日記:
http://blog.livedoor.jp/takapon_jp/archives/105128.html
の話題ってかなり盛り上がってますが、これもGoogle八分の刑かしら?
イーバンク + ライブドア ではヒットしません(^^;
ココログルだとたくさんヒットしますが(笑)

投稿: かっしい | 2004.02.12 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/107751

この記事へのトラックバック一覧です: 情報の集約化:

» 株式会社 ウェディングが悪徳商法?マニアックスを訴えるのか? [外かんのできる街で]
ここ によれば、「悪徳商法?マニアックス」がGoogleの検索から意図的に弾かれているそうです。 株式会社ウェディングに関する情報を募集していますというのを始め... [続きを読む]

受信: 2004.01.21 03:03

» google八分? [じだらく]
google八分という言葉がある。 googleの検索結果として表示されなくなってしまい、 googleから村八分されてしまうという意味だ。 日本の場合、提携サ... [続きを読む]

受信: 2004.04.02 00:44

« プリンタ制御 | トップページ | なにがなんでもXMLなのか? »