« PostgreSQLでのALTER TABLE | トップページ | PHPでRSSアグリゲート »

2004.01.30

SEの良心

大上段に振りかぶったようなテーマであるが。己自身に対する備忘録として。

とあるプロジェクトと連携したい項目があったのだが、担当SEと話をしていてもどうも話が進まない。
こちらは運用設計に関る重要な話をしているつもりなのに、糠に釘というか他人事というか評論家というか。
埒があかないので実際に運用担当を行う立場にあるユーザーに話をもっていくと、危機感をもっていただけすぐに案件が進捗した。
たしかに技術者というかプロジェクト担当としては自分の担当しているもちぶんの、仕様書の範囲内の出来が良いか悪いかに気をもむのは当たり前の話だが、そこで完全に線引きしてしまい、自分の関連する仕様以外は他人事、ってのではシステム開発の目的って奴を忘れてるんじゃないか?と思わざるをえない。

企業におけるコンピュータシステムって業務改善という目的を達成するための手段じゃん。(それだけじゃないが)
技術者として製品の品質を高めるのはもちろん当たり前、ただしその製品がなんの役に立つのか、どう役に立てればいいのか、という視点を見失ったらあかんよなあ。

と思いつつ、自分自身も同じような行動をとっていた場面があることを思い出し、誰もが陥る陥穽なのだろうとメモメモ。

|

« PostgreSQLでのALTER TABLE | トップページ | PHPでRSSアグリゲート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/149384

この記事へのトラックバック一覧です: SEの良心:

« PostgreSQLでのALTER TABLE | トップページ | PHPでRSSアグリゲート »