« はんがりあん | トップページ | というわけでソース公開 »

2004.02.04

Zellarの公式

Zellarの公式を使うのが、日付計算というかカレンダー処理を行うときの定石と思って今まで使ってきたのだが、なんかうまく動かない環境があった。
コピペした別システムはちゃんと動いていたんでたぶん変数の代入がどっかでおかしくなっていたんだと思うが追求する気力を失い、もう少し人間にわかりやすい(笑)ルーチンで書き直した。

ちなみにZellarの公式はこんな感じ。
 $fw = ($year + floor(($year/4)) - floor($year/100) + floor($year/400) + floor(2.6*$mon + 1.6) + 1 ) % 7;
これでその月の1日が何曜日なのかがわかるわけだ。
ただ、JavaScriptとかならともかく、Date()関数で曜日を求めることのできるPHPでわざわざZellarの公式を使っていた私ははっきりいって脳味噌が足りないと思われる(^^;

いやーロジックを考えるのがめんどうで、ほかのスクリプトからパクッてきたせいだとは……
やはし自分の頭を使わないコピペは自殺行為ですなあ。

|

« はんがりあん | トップページ | というわけでソース公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/166036

この記事へのトラックバック一覧です: Zellarの公式:

« はんがりあん | トップページ | というわけでソース公開 »