« 今度はGREEとmixi | トップページ | 障害時の対応 »

2004.06.13

If文の作法

基本は全部似通っているはずなのだが、複数の言語系を同時に使用していると、ときおり各言語の”方言”に悩まされることがある。
その最たるものとしてはIF文だろうか?
(SwitchとSelectというのもあるけど)

IFブロックを{}で囲むC系のものとそうでないBASIC/Pascal系というのもさることながら、けっこうわずらわしいのはElse Ifではなかろうか?
私が並行して使用することがある言語だとPHP, Perl, VB(A)であるが、この3つともElse Ifの表記が違うのだな。

PHP:
 If ( 条件式1) {
 } elseif(条件式2) {
}

Perl:
 If ( 条件式1) {
 } elsif(条件式2) {
}

VB:
 If 条件式1 Then
 ElseIf 条件式2 Then
 End If

まあPerl のelsif (2回目のeがない)が特殊な気もするが(^^;

|

« 今度はGREEとmixi | トップページ | 障害時の対応 »

コメント

Javaは else if ですね

3項演算子もパニックになります
CとPHPの評価順が逆だったような…
(何度も確認してるけど覚えない)

投稿: | 2004.06.13 19:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/762434

この記事へのトラックバック一覧です: If文の作法:

« 今度はGREEとmixi | トップページ | 障害時の対応 »