« PowerBuilder9の怪 | トップページ | トラックバックを受け付けてみる »

2004.06.02

改行コード

複数システム間のインターフェースを行うにあたり、案外基本的なことなのになおざりになってしまい苦労することあり。
今回インターフェースデータはftp等でUNIXサーバ-UNIXサーバでやりとりされるという方針で設計されていたデータが、実際にはWeb経由でWindowsIEにて取得することになっておった。
このため元々のデータはCR(キャリッジリターン)で作成されていたが、受取側はWindowsなのでCR+LFを期待しており、取り込めないというトラブルとなってしまった。。。

ダウンロード後に改行コードを自動修復してくれるエディタなどで保存すればOKになったが、間抜け~。
Windows98のメモ帳では改行コードの自動修復はされないんでエラーになってしまってた。

ところでふと思い出したのだがMACってLFだけだっけ?
OS XはBSDベースだったと思うんで、いまはCRなのかなあ? それともLFだと思っていたのは思い過ごしかしら(^^;?

追記:(2004/6/3)
コメントにも書いたのだが、MACとUNIXについて思い違いをしていたらしい。
 MAC=CR
 UNIX=LF
が正しい、ということで……

|

« PowerBuilder9の怪 | トップページ | トラックバックを受け付けてみる »

コメント

元々のMacOSはCRだったと思います
OSXからはわかんないっす

投稿: | 2004.06.02 20:24

ちょっと調べてみました。
 MAC   => 0Dh
 UNIX  => 0Ah
 Windows => 0D0Ah
ということですな。
UNIXがLFでMACがCRなんですね。勘違い、勘違い(^^;
担当者が「UNIXがCRだから」と言っていたのを鵜呑みにしてしまってました<人のせいかい!
OS XもどうやらCRのようです。互換性に配慮したんでしょうねえ。

投稿: かっしい | 2004.06.03 10:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/698350

この記事へのトラックバック一覧です: 改行コード:

» 改行コード [とはずがたりblog@WebryBlog]
 かっしいさんの「改行コード」にトラックバック [続きを読む]

受信: 2004.06.15 21:57

« PowerBuilder9の怪 | トップページ | トラックバックを受け付けてみる »