« RFIDの問題点 | トップページ | わいやれおぷてぃかる »

2004.08.02

人身売買的請求書

我々の仕事はまさに人が資本であり、原価=人件費 に近い構造がある。
従って、契約方法にもよるのではあるが客先常駐パターンなどの場合、いささかシュールなご請求書をお客様に出すこともある。
かげっち氏の[人身売買サイト]というエントリを見ながら思い出した(^^;

御請求書
XXXXX株式会社様
下記の通りご請求させていただきます。
品名備考単価員数合計
三流エンジニア(かっしい)2004年6月作業分\xxx,xxxx1\xxx,xxx
総合計\xxx,xxx

改めてみるとちょっとシュールかもしれない……
たしか通常のソフトウェアとかと同じフォームを使うためにこういう問題が起きていたので、現在はもうちっと派遣・業務委託用のフォームに変わっているはずだが、昔この請求書を見たときには
「ああ、俺って商品だよなあ」
とひどく感心した記憶がある(^^;

|

« RFIDの問題点 | トップページ | わいやれおぷてぃかる »

コメント

今日、実はともちゃんと飲みに行ってて、「俺のネタ、パクったな」って言われたのは秘密です。
このネタ、もともとはともちゃんのmixi日記(笑)。

投稿: かげっち | 2004.08.03 01:15

あれ、そうなんだ(^^;?
彼のmixi日記もチェキしてますが、見た記憶がないなあ。
(検索中)
あ、ホントだ(^^;

投稿: かっしい | 2004.08.03 06:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/1104818

この記事へのトラックバック一覧です: 人身売買的請求書:

« RFIDの問題点 | トップページ | わいやれおぷてぃかる »