« いまさらながらIMの威力 | トップページ | うーん、確かにわかりやすいけど…… »

2004.09.17

技術が利用方法に追い越される時?

CNETの「マイクロソフト、増大するブログのトラフィックに苦慮」へのトラックバックを基調としたエントリー。

RSS = RDF Site Summary ということでサマリ情報がフィードされるというのが私の理解であったので、「全文フィードが当然。そうでなければ無価値」という価値観があることに思い至らなかった。RSSリーダーを普段使っていないから、こういうことを思いつかなかったんだろうなあ>わし
人間が読むことをではなく、マシン・マシンインターフェイスを考えた規格だとすると、現在のRSSリーダーの普及というのはある種想定外の利用方法、ということになるのかもしれない。
しかし携帯電話のメール機能だって、あいさつ雑談のかわりに使われるようになるだとかは、当初は想定されていなかっただろうし、往々にして技術設定時の想定と食い違って普及するということはあるものだし、そういった普及の仕方をしたものが、本当の意味で根づくのかもしれない。

とはいうものの、ただでさえSPAMやらウィルスやらで逼迫しているインターネットトラフィックにとって、単なる文字情報でこれだけの帯域を食ってしまうというのは確かにある種異常かもしれない。
帯域の不安定さはビジネスアプリを作ってる立場からは勘弁願いたいところだし(^^;
そんな中、NDO:Weblogさんにて「mod_speedyfeed」というエントリを見かけた。
こっちはATOMの話ではあるが、atomフィードの差分配信機能をApacheサイドでコントロールするということで"クライアントにも回線にもサーバにも優しいモジュール"なのが面白い。
真に全文フィードが必要、というのがコモンセンスになるのなら、こうした試みはもっともっと試されていくことになるだろう。

|

« いまさらながらIMの威力 | トップページ | うーん、確かにわかりやすいけど…… »

コメント

今頃ですが、RSS って、0.9-2.0系列だと Really Simple Syndication だったりするんですね・・・こっちのが最近しっくり来ます

投稿: Tiger | 2004.10.09 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/1458349

この記事へのトラックバック一覧です: 技術が利用方法に追い越される時?:

« いまさらながらIMの威力 | トップページ | うーん、確かにわかりやすいけど…… »