« ミスがミスを呼ぶ | トップページ | 障害時の作業時間の見積り »

2004.10.09

本番データへの作業の恐さ

というのは、経験してみないとわからないかなあ。
いまウチのプロジェクトもまさにそいつのせいでえらいめにあっているわけだが、ベトナムに出張ってる後輩君が、マスタデータの更新をしくじって、四苦八苦しているようだ(^^;
品目名称のカラム更新をやったんだが、以前にも書いた文字コード等の問題だな。
Windows(日本語)上で作業したときはUTFで問題なさそうにみえたデータをツールを使ってWindows上から更新をかけたために相手先のDBがコードを理解できず品目名称が文字化けしてしまったという……
テスト環境準備の重要性というのがここにあるよな。
テスト・リハーサルの重要性をもうちょっと理解してもらわないと。

今月はウチのグループはダメだなあ。
みんな疲れてるしなあ……

|

« ミスがミスを呼ぶ | トップページ | 障害時の作業時間の見積り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/1634757

この記事へのトラックバック一覧です: 本番データへの作業の恐さ:

» 私の周りの名言(20) [shibata(hi) shokudou]
痛い目にあった人曰く、 「何はともあれ(データ)バックアップ!」 「転ばぬ先のsync3回。」 「とにかく作業ログをとる。」 「アスタリスク打つな。明日リスクだ... [続きを読む]

受信: 2004.10.20 04:29

« ミスがミスを呼ぶ | トップページ | 障害時の作業時間の見積り »