« トラックバックスパム | トップページ | 自身の能力客観視 »

2005.05.18

バッチの方が簡単だと思うんだけど……

近ごろ納品を受けているプログラム群を検査していて痛感するのは、とにかくバッチ処理関連のプログラム品質が悪い。
イベントドリブンであるスクリーン系の出来と比較すると、明らかにレベルが低い。
これはなんでなんだろうか?

個人的には、様々な条件がからむスクリーン系・オンラインイベントドリブン系の処理の方が、例外処理含め対応しなくてはならないことが多く、きちんとしたものを作成するのは難しいと思っている。
対するバッチ系は「バッチ」なのだからこそ処理は一本道で間違える要素は少ないはず。
にもかかわらず、経験年数の少ないプログラマほどこの処理が苦手と見える。
スクリーン系はその場で結果を確認しやすいのに対し、バッチは真面目にテストパターンを作成し処理を行わないと検証のしようがないから、テストそのものを敬遠している節がある。
単体テストをやっていないから、我々結合テストレベルのテスターのところで殆ど「やり直し」に近いリテイクを出さざるを得ないケースも多く、かえって開発スケジュールに足踏みが生じてしまう。
ひどいケースではスクリプトを書いた後、机上デバッグだけで実機でランせずに納品するなどという噴飯モノの納品物などもあったりする。
その机上デバッグも真面目にやっていればまだ許せるんだが……
ホストのころと違い、マシン使用時間で課金されるわけじゃないんだから、実ランによる検査もしっかりやってほしいところだ。

しかしなんでこんなことになってるんだろう。
モノの本ではRADツールやVisual系ツールの伸長により、フォームの作成からプログラムを始めるケースが多いためとも聞く。それはそれでわかる話なんだが、なにかいい解決策はないかなあ。

|

« トラックバックスパム | トップページ | 自身の能力客観視 »

コメント

まさに今、テスト仕様書を書かされてます

でも、バッチの仕様、電文の仕様はありません…
口頭で指示されて、サンプル電文の中を見て推測して作ったコードに
その後、他の人が同様の作業で修正を加えたものを、中身を見ながら推測で「正常系」「異常系」を規定してます…

画面系は仕様自体が「こんな感じ」で何となく作れるんですけど、バッチ系は、そもそも仕様ありき(ってあたりまえだけど)だったりなので
画面系と同じノリで仕事をされると、たちまちユルユルになったりします…

投稿: ぽ | 2005.05.18 10:35

我々上流工程が渡しているドキュメントの粗さにも起因している面はありますね。。
ただ詳細設計展開時点で担当者が最終アウトプットイメージや目的を持っていないためにこうした問題が起きている要素も最近確認できました。
あうんの呼吸でやってもらいたい、ってのはぜいたくなんですよね、本来は……
でもそういうベンダーと仕事してたからなあ、今までは。
ちと考えなくては。

投稿: かっしい | 2005.05.23 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/4177036

この記事へのトラックバック一覧です: バッチの方が簡単だと思うんだけど……:

« トラックバックスパム | トップページ | 自身の能力客観視 »