« そういえばDESだった | トップページ | 保守と長期休み »

2005.05.03

予約語を使ってしまうとは

先ほどまでJavaScriptで簡単なアプリを書いていたんだが、どうしてもあるオブジェクトを認識できない。
うーーーーん。
そしてはたと思いつき名称を変更。

・・やはしそうだよ。予約語を使ってたのが問題でしたですよ。
abstractなんていう一般的な名称を使っちゃいかんですな。
とりあえず代替して対応完了。

予約語といえば、何年か前に納品してもらったシステムでデータ格納部分にMDBを使っているものがあった。
そいつを必要に迫られてASPから呼び出す必要が生まれたんだがうまく動かせない。
なんとまあフィールド名に予約語が使われていたよ。
table.fieldで指定をしてなんとか対応。
Join も何もしないsqlだったが、すべてテーブル名を追加したですよ。

|

« そういえばDESだった | トップページ | 保守と長期休み »

コメント

同じような経験してるので、JavaScriptとかMDBにnameという項目があるとドキッとします
まだあるですけど、nameにやられるケースが一番多い気がします

投稿: ぽ | 2005.05.03 19:21

おお、まさにnameでやられてました、mdbのケースは。
社員の名前を格納しているカラムだったんですけども、無意識にnameとかで定義したくなるのはわからんでもないです。
ほかにも後輩が書いたJavaScriptでsubmitを起こすのにsubmitという名前の関数を定義していたということも(^^;

投稿: かっしい | 2005.05.03 19:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/3963834

この記事へのトラックバック一覧です: 予約語を使ってしまうとは:

« そういえばDESだった | トップページ | 保守と長期休み »