« VSPサービス | トップページ | テスト系をください »

2005.06.14

パラメータをしっかりセットしてね

パラメータをテーブルに登録しておき、ある程度任意にデータや処理を変更できるようにするというのは、まあごく一般的に行われていることであろう。
今回はそれにまつわる失敗を一席……

あるパッケージ(もどき)を使用しての開発であるが、諸般の事情から機能拡張を行うこととなり、それにともないパラメータが追加された。
パラメータの登録は特定の専用テーブルにて制御されており、いくつかのキー項目の組み合わせで表現される。
”へ-6”なら請求書に表示する1ページあたりの行数で、”へ-7”は請求書に表示する会社名であったりとか。
パッケージであればいろいろな項目をパラメータとしておくのが当然で、パッケージ系のSIerの中にはこのパラメータ調整がメインの仕事、という人も多くいる。
……それはどうでもいい。
しかし、当たり前のことだが同じキーを複数の意味に使いまわすという設計でない限り”へ-7”はあくまでも請求書の会社名表示にのみ使われるべきである。
ところがうかつにも別のプログラムが別の目的に使う内容を”ヘ-7”を参照する、などと作ってしまったからさあ大変だ。
今回はこれがファイルをバッチで出力するパス名設定用だったため、結果はかくのごとし。
請求書を印刷したら、自社名のところに”C:\interface\sales”などと表示されてしまう、という……
いくら担当しているモジュールが違うからって、これはお粗末だよ~
同じようなタイミングで同時にプログラムを作ったため、二重採番をしてしまったらしい。

|

« VSPサービス | トップページ | テスト系をください »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/4550055

この記事へのトラックバック一覧です: パラメータをしっかりセットしてね:

« VSPサービス | トップページ | テスト系をください »