« 行きたくねえ~ | トップページ | そんなに親切で大丈夫(^^;? »

2005.07.21

ERPとハサミは使いよう

CNETの調査で、ちょっと安心したのはERPの本場であるアメリカも日本と似た状況あるんだなあ、と。
「ERP導入の成功の秘訣はベンダー数とカスタマイズを抑えること」

日本の多くの企業がERPに限界を感じているというのはもう5年以上前からあちこちで言われている話であって、私自身も10億円規模のSAPを自社開発システムに戻したり、5億円規模のBaanを自社開発システムにしたり、という事例を同僚の手がけたプロジェクトで仄聞している。
ERPはERPの想定している業務プロセスに則って業務を回すように、ビジネスロジックそのものを変更しないと価値がない。
だからこそ、欧米製ERPは日本独自商習慣にマッチングせず、多くの企業はカスタマイズを余儀なくされるわけだ。
ただ、CNETで紹介されるネタとしてはちょっと大味(^^;
おそらく日本の多くの企業はとっくにこんなことは知っている。
また当該記事ではカスタマイズの問題点を構築時点に対して傾注しているが、実際にはさらっと書かれている

最終的に完成したERPシステムは、サポートやアップグレードが困難な代物となっている

部分こそが最大のコスト・苦労要因であることは覚えておいた方がいいだろうと思う。
……記事的には『日経システム構築』かと思ってしまった(^^;

|

« 行きたくねえ~ | トップページ | そんなに親切で大丈夫(^^;? »

コメント

以前の同僚が関わっていた
今まで人力だった業務をシステム化するプロジェクトで
業務についてインタビューしたら「納品書は年度末にまとめて手渡し」とか強烈な状況だったそうです…
パッケージ入れても仕事のやり方を変えるのにどんだけコストがかかるか…

投稿: ぽ | 2005.07.22 14:11

業務変更が先にあって、その実現のためにこんなシステムを入れます、ってのが私の部署のスタイルなんで、仕事を変えてもらうために苦労するのが仕事だったりします(^^;
ただここ1年くらいはそうした業務改革のツールとしてのアプリケーションではなく納期に追われてユーザーの言う通りの仕組みを作ってしまった、という反省がありますorz

投稿: かっしい | 2005.07.22 17:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/5076619

この記事へのトラックバック一覧です: ERPとハサミは使いよう:

« 行きたくねえ~ | トップページ | そんなに親切で大丈夫(^^;? »