« 混乱する世界 ~What's "XP"? | トップページ | こっそり宣伝 »

2005.07.01

ヤードポンドの呪縛

アメリカなどに行けば、どこもかしこもヤードポンド法が温存されており面食らうことがしばしばだ。そもそも車のメーターもすべてマイル表記であり、運転中に60で走っているということは60mile/hになるため、実際には100km/h近くが出ていることになる。
 ただ社会全体がヤードポンドであるため、意識してこちらも使うには使う。D&D世代の私にとって、フィート表記は実は実感としてもそんなに違和感がないというのは秘密だ。
ところが、メートル法を完全に採用している国々であっても、落とし穴は存在する。
それは帳票だ。

紙のサイズは古くからの慣習のためインチに基づく設計がなされている。
このためページのピッチ設定などを行うときに、実はインチの方がうまく行くケースが多い。
ただ我々メートル法文化圏だと、印字設定をするときにmm単位でものを考えて調整を行うものだから、複写紙の連続印刷などを行う際にトラブルが発生する。
紙はインチピッチで作成されているのに、プログラムがmm単位設定のためにどうしても誤差が発生するわけだ。
この事実に気付かず、延々とピッチ調整に時間を費やしてしまったorz

|

« 混乱する世界 ~What's "XP"? | トップページ | こっそり宣伝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/4771343

この記事へのトラックバック一覧です: ヤードポンドの呪縛:

« 混乱する世界 ~What's "XP"? | トップページ | こっそり宣伝 »