« スパムフィルターを見てみたい | トップページ | 動けばいいコンピュータ »

2006.04.06

それでも車輪は再発明される-NIH

NIH(Not Invented Here).

自前主義を揶揄する場面で使われるケースの方が近年は多そうなこのフレーズであるが、私自身は案外嫌いではない。
効率を重視する局面で、同じことを複数の部分で行うことは確かに無駄であるのは事実である。
ただ、その一方で自分でやってみないと結果がわからない、ということがあるのも事実なわけだ。
これを突き詰めすぎると悪しき経験主義に陥るので注意が必要であるが、たいていの人間は私を含めて凡人であるので経験の持つ価値というのを不当に低く評価する愚は避けなくてはなるまい。
特に技術の修得というのは、反復による要素も大いにあるわけで、本質を理解するために最も基礎的な部分について先人がとっくに答えを出していることについて自分なりにアプローチをすることは実に効果がある。
自前主義と「個性重視」というのは、また意味が異なるところなのであるし。

自前主義が企業経営においてネガティブファクターとして捉えられるようになっているのが昨今の情勢である。
負け犬事業から撤退しないのは愚かなことであるし、自社のオリジン事業であってもときには切り捨てる覚悟が必要なのは経営的にはまったく正しいのであるが、ルーツを失って生き残ることが目的となるのも本当に正しい姿なのか、というのは疑問が残る。
オリジンがダメとなれば、社会的な意義を終えた、寿命が尽きた、というのもひとつの正しい方向性なのだろうなあ。

おまけ:車輪の再発明(Wikipedia)

|

« スパムフィルターを見てみたい | トップページ | 動けばいいコンピュータ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/9458846

この記事へのトラックバック一覧です: それでも車輪は再発明される-NIH:

« スパムフィルターを見てみたい | トップページ | 動けばいいコンピュータ »