« いくらなんでも車輪の再発明やりすぎ…… | トップページ | PostgreSQL CE対策 »

2006.08.22

再印刷機能

紙モノはなんとかなくしたいのだが、どうしてもなくせない場面というのはまだ根強い。
とりわけバカな形でISOを取得したり、特定レギュレーションとかとりわけ日本とか欧米以外ではぺーパレスなんぞ夢の話、ということはあるわけで、まあ致し方がない。
そうなると紙は大切なのだが、プリンタだってときにはジャムるし壊れるし、汚損・破損・紛失といったリスクもあるし、どうしても再度同じ帳票を必要とするケースは必ずあるわけだ。

そこで再印刷機能を用意したりするわけであるが、ちょっと困ったちゃん発見。
汎用機能で再印刷機能を作りました、これはよい。
あるリストが何回やっても再印刷できません!!!!
よくよく調べると、印刷条件として特定のステータスコードでないと印刷できない帳票なのだが、印刷後、すぐに行われる別オペレーションでそのステータスが更新されてしまう。
ジャムりとかのような通常ケースであれば次工程が完了する前に再印刷できるんで、あまり問題にならないが、なにかの拍子に再印刷を必要としたとき、もうこの仕様では取り出すことができなくなってしまう。
その帳票がどのくらい一意性を要求されるのか、というのとどのくらい重要なのか、というのにもよるので一概に元々の印刷条件が悪いとはいえないのだが、汎用機能を準備するときにはいろいろと検討する必要があるという一例。

|

« いくらなんでも車輪の再発明やりすぎ…… | トップページ | PostgreSQL CE対策 »

コメント

はじめまして、夜虹と申します。

こちらに書かれている「汎用機能で再印刷機能」とは
何で作成されたのでしょうか?

わたくし、業務で利用しているAccessにて
再印刷機能を開発することになったのですが、
もしよろしければ、どのような形で再印刷機能を
実現しているかお教えいただけないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

投稿: 夜虹 | 2006.10.19 20:37

>夜虹さん
この件についてはPower Builderというツールですが、機能としては単純にあるキーコードを入力すると、それと関連する現在のテーブルのレコードをselectしてきているだけです。
そのため、関連するテーブル群に実際の印刷時からなにがしかのupdateが行われていると、実際にはまったく同じ状態にはなりません。
正確に言うなら「リスト再作成」というべき機能ですね。
Accessであれば、単純にそういったキーコードを入力するフォームとレポートを関連させればいいんではないかと思います。
印刷したときとまったく同じ状態を保持したい、ということになると印刷に使用する全ソースをどこかに保存してそちらを参照するレポートを作成するようなことになるでしょうか?

投稿: かっしい | 2006.10.20 11:09

ご返答ありがとうございます。

かっしいさん
>印刷したときとまったく同じ状態を
>保持したい、ということになると印刷に
>使用する全ソースをどこかに保存して
>そちらを参照する
>レポートを作成するようなことに
>なるでしょうか?
やはり、その方法となりますかね?

今ある既存の仕組みが、初回印刷時に
プレビュー画面を表示したところに
キーsendして、プリントファイルを
出力するようにするという強引な作りだったものが
OS更新によってうまく動かなく
なってしまったため、作り直さざるを
得なくなったのです。

ご意見参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

投稿: 夜虹 | 2006.10.21 15:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/11553331

この記事へのトラックバック一覧です: 再印刷機能:

« いくらなんでも車輪の再発明やりすぎ…… | トップページ | PostgreSQL CE対策 »