« cshの憂鬱 | トップページ | postgresql.confの変更点(7系→8系) »

2006.11.11

予約語再び

最近見始めたとある某有名PHPオープンソースプロジェクトを触りながら戸惑っている(^^;
カラム名に"Number","Name","type","value","session"とかとか。

NumberとかNameとかvalueのように環境によっては予約語になっているカラム名を無造作に使用している点とかは、他のアーキテクトでの経験がない人が設計したのかな? とか感じてしまう。
少なくともこれをAccessでやると死にまする。
[Access 2000 での予約語の一覧]
まあいずれにせよ、予約語に該当しなかったとしても、あまりにも一般的すぎる名詞を変数名やオブジェクト名に使用するのは一般的に推奨されないと思ってるんだが、これは誤った認識なんだろうか(^^;?
データの意味をすぐにイメージできないカラム名にするのは設計上イマイチに思える。

予約語対策という意味では"namae"とか"kazu"のようなローマ字表記は予約語に強いスペックだぞ!<やめときなさい

|

« cshの憂鬱 | トップページ | postgresql.confの変更点(7系→8系) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/12638400

この記事へのトラックバック一覧です: 予約語再び:

« cshの憂鬱 | トップページ | postgresql.confの変更点(7系→8系) »