« プランナメソッドの設定値変更方法 | トップページ | 古いソースのコメントでの保持 »

2014.02.22

【メモ】nslookupコマンド

利用可能環境:Windows 2000/XP/7/8他、各種Linux,UNIX

nslookup [-opt ...] ホスト サーバー
DNSへの問合せを行い、正引き/逆引き双方のホスト情報を取得する。

サーバーを省略した場合はデフォルトのDNSサーバが選択される。
ホストもサーバーも省略した場合は対話モードとなる。

<Windows7での使用例>

C:\>nslookup 192.168.0.5 ←ホスト名を知りたいIP入力
サーバー: dns.localgroup ←自分の端末が使ってるDNSサーバが選択される
Address: 192.168.0.255 ←そのDNSサーバのIPアドレス

名前: hogehoge.localgroup ←ホスト名がわかる。この場合"localgroup"ドメインの"hogehoge"
Address: 192.168.0.5


上記は逆引きの例。

システム運用中に、なんかの通信を行っているIPアドレスはわかるけど、誰が使ってるのかわからない、という場合にホスト名を逆引きして利用者を特定するような時とかに私は使ってる。
nslookupの使い道、ということでメモり。

|

« プランナメソッドの設定値変更方法 | トップページ | 古いソースのコメントでの保持 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/59167988

この記事へのトラックバック一覧です: 【メモ】nslookupコマンド:

« プランナメソッドの設定値変更方法 | トップページ | 古いソースのコメントでの保持 »