« 落合博満氏に学ぶ「技術力」トレーニング思想 | トップページ | 【メモ】nslookupコマンド »

2014.02.21

プランナメソッドの設定値変更方法

以前、使用する直前にプランナメソッドを変更する方法について触れたが、こうした値を恒久的に変更する方法について。

SETを使用した場合は基本的にそのプロセス内だけ有効な設定である。
サーバ全体での挙動を変えたい場合はpostgresql.confにて設定が可能である。

#------------------------------------------------------------------------------
# QUERY TUNING
#------------------------------------------------------------------------------

# - Planner Method Configuration -

#enable_bitmapscan = on
#enable_hashagg = on
#enable_hashjoin = on
#enable_indexscan = on
#enable_material = on
#enable_mergejoin = on
#enable_nestloop = on
#enable_seqscan = on
#enable_sort = on
#enable_tidscan = on

この辺にある値である。
postgresql.confの罠でも書いたが、#でコメントアウトされていても、これらのパラメータのデフォルト挙動は決定されている。

なのでデフォルト状態におけるこれらの設定値はすべて"ON"の状態になっているのである。

なおpostgresql.confの値なので、有効にするためにはサービスの再起動をお忘れなく。

|

« 落合博満氏に学ぶ「技術力」トレーニング思想 | トップページ | 【メモ】nslookupコマンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/59163481

この記事へのトラックバック一覧です: プランナメソッドの設定値変更方法:

« 落合博満氏に学ぶ「技術力」トレーニング思想 | トップページ | 【メモ】nslookupコマンド »