« 【メモ】集約関数の結果等の型指定 | トップページ | Wiresharkのフィルター »

2014.03.03

シーケンス番号を自在に操りたい!(3) -(2)MAXVALUE defalut値の顛末

先日、serial型でのデータ定義を実行した際に、シーケンスオブジェクトの挙動が不審、という旨を書いたが、PostgreSQLのbug報告メーリングリストにて答えを発見したので、続報として記録しておきたい。

昨年の11月にすでに既報のようであった。
→ref)BUG #8582: field serial getted incorrect value from automaticaly created its sequence

で、バグトラックとして報告があがってはいるものの、モデレータの一人Tom Lane氏によれば
「Not bug」ということであった。
ともあれシーケンスオブジェクトが構造としてbigintなので、デフォルト値はbigintを取る、ということのようである。
4バイトIntの周回制限まで利用することが想定されるケースは、素直にbigserialで設定しておくか、maxvalueの調整をしておくかしないといかんねー。
とりあえず開発側としてはBugという認識はないので、こちらは修正されることは当座ないと思われます。

|

« 【メモ】集約関数の結果等の型指定 | トップページ | Wiresharkのフィルター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/59229912

この記事へのトラックバック一覧です: シーケンス番号を自在に操りたい!(3) -(2)MAXVALUE defalut値の顛末:

« 【メモ】集約関数の結果等の型指定 | トップページ | Wiresharkのフィルター »