« [Android開発]バーコード読み取りAppが欲しくってMIT App Inventorを使う | トップページ | OSS-DB Exam Gold 技術解説無料セミナー@東京 »

2014.04.22

[Windows]送るメニューへのショートカット追加

テキストエディタは相変わらずWZを使っているのだが、会社では標準としてはサクラエディタが指定されている。
ただ、どうしてもWZのマクロで処理したものがあったため、許可を受けてWZも会社のPCにインストールすることとした。

ただ、同僚が利用する際に.txtへの関連づけがサクラエディタでなくなっていると困るので、WZについては送るメニューから使用することとした。

で、WindowsXP以前だと"Document and Settings"の下に"SendTo"フォルダがあったはず、とWindows7機でUsersの自分のアカウントの下を見るがぱっと見てわからなかった。

答えとしては
[アカウントフォルダ]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo
に存在しているのだが、割合階層が深いこともあり、なかなか覚えてられない。
こんな場合は[プログラムとファイルの検索]フォームに以下のコマンドを入れるとSendToフォルダを表示してくれることがわかった。

shell:sendto
である。
このshellコマンドは汎用性があり
shell:desktop
でデスクトップを開くし
shell:downloads
でダウンロードフォルダを開くなど、システムフォルダ各種へのショートカットを実現することができた。

単なるフォルダアクセスのための機能ではないと思うのだが、覚えておいて損はないTipsかと思う。

あ、そうそう、本題の送るメニューへのリスト追加は、こうして取得したフォルダにWZのショートカットを保存することで完了である。
右クリックメニューから送るメニューを選択できるので楽ちんである。

|

« [Android開発]バーコード読み取りAppが欲しくってMIT App Inventorを使う | トップページ | OSS-DB Exam Gold 技術解説無料セミナー@東京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/59514883

この記事へのトラックバック一覧です: [Windows]送るメニューへのショートカット追加:

« [Android開発]バーコード読み取りAppが欲しくってMIT App Inventorを使う | トップページ | OSS-DB Exam Gold 技術解説無料セミナー@東京 »