« フォネティックコード | トップページ | [Android開発]バーコード読み取りAppが欲しくってMIT App Inventorを使う »

2014.04.14

Windows FTPが扱える限界値

先日のfindを使ったファイル削除のエントリーを書くに当たって、何度でも再現できる検証環境を準備している間に発見した事実。
60万ファイルを準備して、サーバに送信しようとしたのだが、9998ファイルしかサーバ上に存在しない。

はてな? と思い再実行したのだが、結果は同じだった。

結論としては、10,000件を越えるファイルは処理できない、というのがMSのオフィシャル回答であった。
ref)[「複数」の FTP コマンド (MPUT、MGET) が 10,000 個を超えるファイルを処理できません。]

9,999ファイルを扱える、というのが基本である。
なのに9998ファイルだったのは、サブディレクトリの存在などではないかと想像している。

いずれせよWindowsクライアント側から60万ファイルを送信できなかったので、WindowsでIISを立ち上げて、Linuxサーバ側からmputでファイルを取得することとした。

きちんと上限値の仕様が公開されていたので、すんなりと結論が出てよかった(笑)

|

« フォネティックコード | トップページ | [Android開発]バーコード読み取りAppが欲しくってMIT App Inventorを使う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/59466667

この記事へのトラックバック一覧です: Windows FTPが扱える限界値:

« フォネティックコード | トップページ | [Android開発]バーコード読み取りAppが欲しくってMIT App Inventorを使う »