« COALESCE関数 | トップページ | 特定のインデックスを強制利用 »

2014.05.28

[メモ]サクラエディタでの改行コード除外

小ネタ。
弊社で標準のテキストエディタはサクラエディタである。
Java開発はEclipseではあるが、テキストエディタの汎用性は何者にも代えられないw

で、データ加工などでときどき改行コードを除外しないといけなくなるのでその方法をば。

適当にファイルを準備。

ここでまずは置換を選択する。
この際に、「正規表現」にチェックを入れることで、検索文字列として"\n"や"\r"が対象となってくる。

\nはLF、\rはCRを意味するので、CR+LFが改行コードを意味するWindowsの通常環境で作成されたファイルであれば"\r\n"が置換元対象となるわけである。
で、実行してみた。

当たり前の話であるが、正規表現をちゃんと利用することができれば、表現力は何十倍にもアップできる。

私が使用していたのは次の書籍だが、現在再販されてないみたい(^^;

そうなると売れ筋はやっぱりオライリーのこの本かなあ……

|

« COALESCE関数 | トップページ | 特定のインデックスを強制利用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/59718214

この記事へのトラックバック一覧です: [メモ]サクラエディタでの改行コード除外:

« COALESCE関数 | トップページ | 特定のインデックスを強制利用 »