« PostgreSQLでロック競合の"深さ"を可視化する | トップページ | java.net.UnknownHostException! »

2014.06.19

アプリケーションのインストールができない場合

Windowsにおけるアプリケーションインストールについては、一般的には次の2パターンにわけられるだろう。
 1)提供されているアーカイブファイルを解凍するだけで、実行バイナリが展開される
 2)提供されているインストーラによって、インストール作業が行なわれる
1)の場合は、実際には事前にVCのランタイムが必要だったり、という風に本当にそのまま動くかどうかはパッケージされている内容次第だが問題は2)の場合で起こった。

「かっしいさん、インストールをしようとしたら途中でエラーになって止まるんです……」
と、後輩から声をかけられた。
今回問題になったのはFirefox。
公式サイトからインストーラーをダウンロードしてインストールを実行しようとしたのだという。
ダウンロードしたファイルのサイズを見ると278KB。

ははーん、なるほど。ChromeインストールのFAQとおんなじケースだな。

種明かしをしてしまえば、Firewallに阻まれて、インストールが実施できていなかった。

インストーラーのダウンロードには実は2パターンあり、インストーラーだけをダウンロードするパターンとフルパッケージでダウンロードするパターンである。
前者の場合はダウンロードしたファイルは実際にはインターネットに接続し、必要なモジュールをダウンロードしてくる機能だけを持っている。まあcomposerとかの類だ。
そして当社の場合、ほとんどのインターネット通信は禁止されているので、インストーラの通信が失敗してインストールを続行できなかったのである。

後者であれば必要なものをすべてアーカイブしているので、ダウンロードさえしてしまえば、オフラインでインストールを行うことができる。
今回はインターネットに接続できる端末がFirewallで阻まれたわけだが、スタンドアロン端末にインストールしたい場合も同様にフルパッケージ版を入手しなければならない。

Firefoxの場合[各国語版のダウンロード]ページからフルパッケージのインストーラ付バイナリーを入手することができる。
このエントリーを作成時点での最新版は30.0、サイズは28MBある。
インストーラー単体の100倍のサイズがある。
うん、これなら大丈夫。

というわけで、それぞれのソフトがどう動いているのか知っておく必要があるよね、という話でした。

|

« PostgreSQLでロック競合の"深さ"を可視化する | トップページ | java.net.UnknownHostException! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/59835465

この記事へのトラックバック一覧です: アプリケーションのインストールができない場合:

« PostgreSQLでロック競合の"深さ"を可視化する | トップページ | java.net.UnknownHostException! »