« 眼精疲労・肩こり対策 | トップページ | [書誌]イスラム飲酒紀行 »

2014.08.13

/procで確認できるいろいろ

以前、サーバの負荷状況を確認するために/proc/loadvgを見ることで、ロードアベレージを取得できることを書いた。([CPU使用状況を確認する])
この/procというディレクトリにはそれ以外にもいろいろな情報が含まれている。
しばらく放置してあったVPSを触りだして、いろいろな設定情報等を失念していたので、実際に値を確認しながら、これらについてちょっとまとめてみたい。

/procはLinux系におけるシステム上の様々なリソース情報を、あたかもファイルであるかのようにして保存している領域である。
どんなものがあるのかlsして調べてみることとする。
なんかいろいろ出た。
自分が利用する範囲についてちょいと調べて書き足してみよう。

数値

紫色=ディレクトリ表示になっている数値は、各プロセスの関連情報が保管されている。数値自体がプロセスIDということである。

cpuinfo

インストールされているサーバのCPU情報が取得できる。何度も見るような項目ではないだろうが、各種調べ物や能力確認時には見ることになるだろう。
CPUの型名、動作周波数、キャッシュのサイズなどが見ることができる。
マルチコアであればコアごとの情報が取得できるはずだが、私のVPSは契約上1コアだったので、この辺は確認できずである(^^;

crypto

インストール済みの暗号化手法群が確認可能。md5、sha1、crc32cが利用可能なことが確認できた。

meminfo

#cat /proc/meminfo
これでRAM1GB(MemTotal)でSwap(SwapTotal)は2GBまでの容量であることがわかり、いろいろなメモリ上の利用状況が確認できる。

version

OSのバージョンがわかる。カーネルだけでなくgccバージョンなどもわかる。

stat

再起動から今までの利用状況統計。スワップしたページ数や割り込み回数などがわかる。
この情報からシステムの利用のされかたを推測可能。

uptime

再起動から現在までの経過時間がわかる。これはtopでも確認できたな、確か。

|

« 眼精疲労・肩こり対策 | トップページ | [書誌]イスラム飲酒紀行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/60132977

この記事へのトラックバック一覧です: /procで確認できるいろいろ:

« 眼精疲労・肩こり対策 | トップページ | [書誌]イスラム飲酒紀行 »