« デスクトップ環境の整理2 Rainmeterの導入 | トップページ | pg_dataパンク時の対応 »

2015.02.11

pgAdminIIIでクエリ結果のデリミタを変更

意外と知らない人が多いようなのでクリップ。
pgAdminIIIを使って出力したクエリ結果をクリップボードにコピーするときのデリミタ形式はデフォルトでは";"(セミコロン)であるが、これはそのままExcel等に貼り付けるとカラムが切れてくれない。

設定一発でExcelで拾うことのできる


Ver1.20


Ver1.14

[ファイル]-[オプション]からオプションフォームを開いて、[クエリーツール]の中で「フィールドセパレータの結果コピー」から選択することができる。

Excelにデータを貼り付けて再利用することが多いようであれば重宝するだろう。

|

« デスクトップ環境の整理2 Rainmeterの導入 | トップページ | pg_dataパンク時の対応 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/61111070

この記事へのトラックバック一覧です: pgAdminIIIでクエリ結果のデリミタを変更:

« デスクトップ環境の整理2 Rainmeterの導入 | トップページ | pg_dataパンク時の対応 »