« デスクトップ環境の整理1 ソフト更新 | トップページ | pgAdminIIIでクエリ結果のデリミタを変更 »

2015.02.10

デスクトップ環境の整理2 Rainmeterの導入

いろいろと普段使いするツール群についてインストールを終えたところで、デスクトップそのものについての整備がまだであることに気がついた。
さあ、今まで通りWindowsガジェットでも設定するか、と作業を始めたところで事件は発生した……




え?
今頃知った私はいろいろとアンテナが低くなっていたんだなーと反省しきりである。
実際には追加ガジェット提供とデータ提供(為替など)が廃止で、時計やカレンダーなどは継続して使用できるんだが、どちらにせよWindows8以後では使えないわけだし、本当だったらWindows8.1に移行したはずだったんだから、ここはいっちょ違うことをしますか。
 というわけで選んだのは、老舗wのデスクトップカスタマイズツールであるRainmeterである。

Rainmeterの特徴としては自分でスクリプトを書くことで自由なカスタマイズが可能、ということになるが、実際にはすでにいろいろな人から提供されているスキン・テーマを流用するほうが賢いだろう。
あるスキンをダウンロードして、いろいろとスキンスイート(テーマ)をデスクトップ上に張り出して、位置を変えたり使えなさそうなのを閉じたりして設定するだけで、たいていの用途には使えるようになると思う。

……とか書きながら、自分自身はというと最終的にはこんな感じになった。

いくつかの著名なスキンをベースにそれぞれちょっとずつカスタマイズを実施している。
ポリシーがちょっとぶれているので、まだもうちょっといじりたいと思う。

今回利用させて頂いたスキンは以下の通り:
-Enigma
-Vista Rainbar
-Lua Calenar
-VCloudsWeather2
-はちゅねメーター

採用したスキン!

◆Enigma  すっきりとしたスキンで利用者もかなりいると思われるEnigma。これだけでたいていの人は充分ではないかと思われる。私も最初はEngimaでテーマ統一してみてたんだけども、気がつくと残ったのは右端の"sidebar2"と呼ばれるスキンスイートだけ(^^; このスキンスイートの内容であれば、今なら自作したほうがいいんでないかと思えるが、スキンカスタマイズする際のお手本のひとつとしてEnigmaはインストールしたままにしてある。

◆Vista Rainbar
 元々、Windows7/Vistaのガジェット代わり、というのがスタートなのでこちらのスキンを使ってみるのも良いだろう。
見た目については非常に良くWindows ガジェットを模してあり、ぱっと見ではわからないくらいである。
面白かったのは、スキンスイートにマウスオーバーするとガジェットと同じく設定用のチップアイコンなどが表示されるのだが、これは完全にダミーw 実際にはクリックできず「???」となってしまった。
カレンダースイートでの→ボタンもダミー。オリジナルのガジェットであれば前の月や先の月を見ることができるのだが、こちらではできないという罠がある(笑)
私はアプリケーションランチャーを使うこととした。ただし、このランチャーも利用するアプリを自由には組み替えられないので、設定ファイルだけでなくアイコンファイルも準備しなければならないのが地味に面倒であった。

◆Lua Calendar
 これも定番のカレンダースキンらしい。
 デフォルトでは休日がアメリカの設定になっているので、日本のものに変更した。
 また設定するXMLファイルは"Event"として設定されているので、休日じゃなくても記念日なども自分で記述した。
 Vista Rainbarのカレンダースイートを流用して、Windowsガジェットコピーのカレンダーも作ったけど、全体のトーンとあわなかったのでお蔵入りにしてある。

◆VCloudsWeather2
 天気予報スキン。日本語化に関する情報が豊富だったので、こちらのスキンを採用した。
 アイコンがちょっとリアルすぎてデスクトップのトーンと合わないので変更を検討中。
 #CityHeb#変数の調整と出力するmeterの調整を行えば、自分の選択した都市だけ日本語で表示させることもできるのでそれを行なっている。

◆はちゅねメーター
 システム利用率などを表示するスキンもいろいろあったのだが、デスクトップ上にはちゅねを出したかったのでこいつを採用。
 文句なしでしょう、コレw
 2コアまでしかグラフが対応していないとか、使用率表示は2コア目だけといった時代を感じさせるデフォルト値を平均使用率を表示するように、とはちゅねをクリックするとタスクマネージャーが起動するように、あと時刻の代わりにメモリ状態を表示するようにカスタマイズしてある。

利用をあきらめた機能

◆twitter連携  まだ右下に空きスペースがあるので、フォローしている人たちのツイート情報でも出そうかと思った。昔だとRSSフィードを加工して表示すればよかったのだろうが、twitterがRSSを2013年くらいから提供しなくなったらしくこの手は使えないことがわかった。  RSS4 twitterのようなサービスがあるようではあるが、そこまでしてツイートをデスクトップ上で見たい、という欲求もなかったのでひとまずやめた。

◆為替・株価情報
 いくつかのスキンを触ってみたのだが、自分が見たいピンポイントの情報がうまく拾えなかったので、現在は放置中。日経平均といくつかの主要為替が見れればいいんだけどね。
 ただ自宅で使うPCでは為替以外は市場が閉まっているタイミングでしか見ないので、これもデスクトップ上で見る必然性がないんだよね。

こんな感じでRainmeter + X-Finderでかなりすっきりデスクトップとなった。
ひとまず満足。
あとはWindows10導入後にはまたいろいろ悩むことになるだろうと思うけども、しばらくはこの環境で行ってみよう。

|

« デスクトップ環境の整理1 ソフト更新 | トップページ | pgAdminIIIでクエリ結果のデリミタを変更 »

コメント

初歩的な質問ですみません
Enigma のサイドバーの中にどうやって
VCloudsWeather2を収めるのでしょうか

投稿: | 2016.01.30 12:04

サイトどうりにデスクトップをカスタマイズしたいのですがEnigmaのサイドバーが、はちゅねメーター
Lua Calendar、VCloudsWeather2
で埋まってしまいます、Lua Calendar、VCloudsWeather2などのスキンのサイズ変更はどこをいじればいいのでしょうか

投稿: | 2016.01.31 07:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022/61106996

この記事へのトラックバック一覧です: デスクトップ環境の整理2 Rainmeterの導入:

« デスクトップ環境の整理1 ソフト更新 | トップページ | pgAdminIIIでクエリ結果のデリミタを変更 »